岩手県の賃貸

岩手県の賃貸

岩手県というと、最初に思いつくこと、語らなければならないことが、東日本大震災です。

この災害の被害で亡くなった方は4,673名、行方不明の方は1,149名ということです。

お隣の宮城県で亡くなった方は 9,537人と2倍になるので、どうしても注目が宮城県に集まりがちになるのですが、4千人を超えるということは、アメリカ同時多発テロの死傷者を越える数ですから、テロと災害を同じに扱えないとはいえ、大変な数の方が犠牲になったと言わざるを得ません。

そんな岩手県には、今も129万6千人の人が暮らしています。

その中でも最大の都市は、県庁所在地である盛岡市で、30万人の人が暮らす都市です。

人口密度から言うと、東北で一番人口密度が低いのがこの岩手県になります。

それは、この岩手県が、東北の中で一番面積の広い県だからです。

地理的な問題だけでなく実際に居住できる土地の人口密度も、仙台という大都市を抱えるお隣の宮城県に比べて約半分ということになります。